HSP(Highly Sensitive Person 「とても敏感な人」)は、アメリカの心理学者エイレン・N・アーロン博士が提唱した新しい概念であり、非常に感受性が強く敏感な人のことです。

人口の15~20パーセントがHSPと言われ肯定的に価値あるものとして捉えた言葉です。

 

日本の国民性を考えると若干割合はアメリカよりも多くなると感じますが物事を繊細に捉えることができる人でもあります。

 

あくまでも生まれ持った気質であり個性なのです。実際、生物学者たちはこの特性が殆どあらゆる動物に存在することを発見しています。ショウジョウバエから魚 犬 猫 馬 そして霊長類まで。


つまりこの特性は、行動を起こす前に注意深くなるという生き残る為の戦略の一つのタイプの表れであり 実際HSPの脳は他の人たちと少し異なる働き方をします。

☆微妙なことによく気がつく
あなたの脳がより深く情報を処理し、それについて深く考えることが大きな理由です。

☆容易に物事に圧倒されてしまいます。
あらゆることに気づくということは、当然強いレベルの物事、複雑で、混乱していて、新しいく経験するようなことに長時間さらされたときに圧倒されてしまうことに繋がります。


この特性は新しく発見されたものではなく、長いこと誤って理解されてきたものです。


新しい環境に入る前に注意深くなる傾向を持つことから、しばし内気だといわれることも多いようですが、内気とは後天的なものであり生まれつきのものではありません。実際HSPのうち30バーセントは外向的です。

他にも引っ込み思案 怖がり 神経質などと呼ばれてきましたが そのような態度をとるHSPもいますが、その振る舞いは生まれつきのせいではなく、また基本的な特性でもありません。

ただ、幼い頃からの環境が、繊細さ、感受性の豊かさを認めてもらえない時には用心深くなってしまうことも多いのです。

暖かい愛情に包まれ、感受性の鋭さを良い個性として認めてもらい育てられた人たちは明るく妖精のような可愛らしさを見せてくれます。

敏感(繊細)さは文化によって異なった評価を受け、敏感であることに価値を置かない文化では自己肯定感が低くなってしまう傾向があります。

周囲からも何かにつけ「気にしすぎ」と言われるので自分は人とは違うのではないか?と感じてしまいがちです。

日本でも以前は控えめであったり、寡黙で真面目な事は美徳として尊ばれていましたが西洋化が進むにつれ 社交的で、積極的な自己主張が求められる世の中になってきてしまっています。

HSPという言葉はアメリカではある程度知られているかもしれませんが、日本ではまだ医師やカウンセラーでさえ余りよく知らないのが現状です。

自分の繊細さを気にするあまり、心療内科などに行ってしまったりすると病状として名前がつけられ お薬を出されてしまったりすることもあり ややこしいことになってしまう場合も多々あるようです。

幼い頃から、敏感ではありませんでしたか?

幼い頃から、なんとなくみんなと違うような違和感を感じてませんでしたか?

休み時間は外で遊びなさいって言われるたびに、ゆっくり教室で本を読む方がリラックスできるのに…と嫌だったり。

多数決が採用されがちな日本の教育は、少数派の感性は押し潰されがちです。

(実際に世界を変えていくのはほんの一握りの少数派のグループだったりもするのですが…)


繊細さ故に 普段の生活をとても生きづらいと感じている方も多いのですが、感受性の鋭さは自然がくれた生き残る為の才能でもあり、安心できる環境と判断できれば大きく翼を広げ、いろいろな力を発揮できます。


(HSP・内向型専門カウンセラー那智子のブログより抜粋)